開催概要

21_21 DESIGN SIGHTではこのたび「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」を開催します。
生活のすべてに関わるデザインは、暮らしに喜びをもたらすだけでなく、産業の発展にもつながり、豊かさを生みだします。デザインミュージアムは、優れたデザイン文化を次世代に継承するためのアーカイブとなると同時に、私たちの今後の生活を考えるうえで必要とされる場所になるでしょう。

2007年に開館した21_21 DESIGN SIGHTは、これまで「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」「チョコレート」をはじめ23の企画展を開催し、トークやワークショップといった教育プログラムにも力を入れてきました。こうした活動には、デザインミュージアム設立の機運を高めたいとの思いがあります。本展では21世紀のデザインミュージアムに求められる役割について、〈過去/現在/未来〉という時間への眼差しに基づく新たな視点から、当館で開催した展覧会を例に考えていきます。生活、文化、社会と深く関わってきたデザインの今後の可能性について、多くの方々と考える機会となる企画展です。

[企画者挨拶]

本展の企画者にとって、すべての始まりは三宅一生氏による2003年の新聞記事「造ろうデザインミュージアム」でした。それから10年、ミュージアム設立を目指してさまざまな動きが起こる中で、私たちに何ができるのか。その答えが、これまでの展覧会と付随する活動を再構築する本展です。企画は、故事に由来する「隗(かい)より始めよ」という方針で一致したのです。

デザインはこれまで、モノづくり〈MAKING〉を中心に捉えられてきましたが、それ以前にモノとコトと仕組みを発見する〈FINDING〉、同時に地域を世界につなぐ〈LINKING〉というテーマが必須だと考えました。そして真に創造の名に値する〈CREATING〉には、田中一光氏をはじめとして今は亡き6名の表現者を含んでいます。なお、各展覧会の解題とバナーは企画者が作成したものです。

デザインの送り手が現場でどんなに悪戦苦闘しても、受け手にとってデザインは愛、夢、そして贈物でありたい。それでこそ、語り尽くせないデザインの魅力が生まれるでしょう。送り手と受け手と語り手の間にあるデザインミュージアム。本展によって、だれもがその入口に立ちたいと思ってくだされば幸いです。

森山明子、佐藤 卓、深澤直人

タイトル:
企画展「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」
会期:
2013年10月25日(金) - 2014年2月9日(日)
休館日:
火曜日(12月24日は開館)、年末年始(12月27日 - 1月3日)
開館時間:
11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
入場料:
一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
*15名以上は各料金から200円割引
*障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください
主催:
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:
文化庁、経済産業省、東京都、港区教育委員会、公益財団法人 日本デザイン振興会、日本デザイン団体協議会
特別協賛:
三井不動産株式会社
協力:
旭紙業株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社 竹尾、ベンキュージャパン株式会社、株式会社 ユポ・コーポレーション(五十音順)
企画:
森山明子、佐藤 卓、深澤直人
企画協力:
川上典李子
グラフィックデザイン:
野間真吾(佐藤卓デザイン事務所)
会場デザイン:
NAOTO FUKASAWA DESIGN
照明デザイン:
海藤春樹
会場構成協力:
五十嵐瑠衣
21_21 DESIGN SIGHTディレクター:
三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
同アソシエイトディレクター:
川上 典李子

※上記内容は予告なしに変更される場合があります。

Page Top