Loading...

mainImg

交流プログラム「ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3」
開催概要

contents

ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3

スイスのローザンヌ美術大学(ECAL)工業デザイン学科の学生達が、日本での研修中に取り組んだものづくりの成果を、多摩美術大学生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻の学生達とともに展示し、発表するコラボレーション企画。ともに著名な美術大学の学生達が展示とディスカッションを通じ、2国間の文化の理解と交流を深めます。

「UGOKU: Work In Progress」

2017年5月25日(木)10:00-17:00、26日(金)10:00-19:00
日本のモビールブランド tempo(mother tool)との協働により、ECAL工業デザイン学科2年生の学生たちが工房滞在を通じて作成したモビールのプロトタイプや素材研究成果を、ギャラリー3に合わせて展示します。

ECAL+多摩美術大学 ディスカッション

2017年5月25日(木)17:30-19:00
ゲストスピーカー:熊野 亘(プロダクト・デザイナー)、ダヴィッド・グレットリ(デザイン・ディレクター)
言語:英語
参加費無料、予約不要(ただし立ち見となります)

会期
2017年5月25日(木)- 26日(金)
開館時間
10:00-19:00
入場料
無料
主催
ローザンヌ美術大学(ECAL)、多摩美術大学、21_21 DESIGN SIGHT
協力
tempo(mother tool)+DRILL DESIGN、スイス大使館、the State of Vuad Summer University program