開催概要

20世紀後半の情報革命以降、世界の距離はますます短くなり、私たちの生活や日々の意識は大きな変化の時を迎えています。知識や手法が高速で更新される一方、社会の不均衡や倫理、価値観を問い直す機会も増えています。
こうした時代に大切なのは、それぞれに考え、動き、確かに伝えることではないかとの問いをもとに、本展は企画されました。手にとることのできるものづくりに限定せず、社会が抱える課題を読み解き、問題を解決しようとする意志や活動そのものに目を向けます。

紹介するのは、世界を俯瞰するクリティカルなアプローチをはじめ、社会との新しい関係を築く提案、現在から未来を見通すリサーチです。日本と世界のデザインの動きに精通したジャーナリストの川上典李子と、ストックホルムを拠点にアートとデザインのキュレーターとして活躍する横山いくこのディレクションのもと、10ヶ国以上から24組のクリエーターによる多彩な活動が揃います。
時にポジティブに、時に詩的な彼らの活動は、ものづくりという枠組みを超え、今後の社会におけるデザインの役割に多くの気づきをもたらすでしょう。本展を通して、変動する世界におけるデザインの可能性を感じてください。

タイトル:
企画展「活動のデザイン展」
会期:
2014年10月24日(金) - 2015年2月1日(日)
休館日:
火曜日(10月28日、12月23日は開館)、年末年始(12月27日 - 1月3日)
開館時間:
11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
入場料:
一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料
*15名以上は各料金から200円割引
*障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください
主催:
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:
文化庁、経済産業省、東京都、港区教育委員会、スウェーデン大使館、スペイン大使館
助成:
Creative Industries Fund NL
特別協賛:
三井不動産株式会社
協賛:
株式会社クレッセント、株式会社Kotte & Co.、バルミューダ株式会社
特別協力:
オランダ王国大使館
協力:
キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社 竹尾、多摩美術大学(五十音順)
展覧会ディレクター:
川上典李子、横山いくこ
グラフィックデザイン:
田中義久
会場デザイン:
五十嵐瑠衣
照明デザイン:
海藤春樹
制作協力:
坂根悠太
21_21 DESIGN SIGHTディレクター:
三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
同アソシエイトディレクター:
川上典李子
  • ※上記内容は予告なしに変更される場合があります
Page Top