概要

krasott_m.jpg
Design: Tamotsu Yagi

kuramataettore_m.jpg 倉俣史朗とエットレ・ソットサス 1990年、日本にて Photo: Takayuki Ogawa

生活を楽しくする文化としてのデザインを発信する21_21 DESIGN SIGHTでは、2011年2月2日より、企画展「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展を開催します。

日本を代表するデザイナー 倉俣史朗(1934.11.29 - 1991.2.1)と、イタリアデザイン界の巨匠 エットレ・ソットサス(1917.9.14 - 2007.12.31)。二人の交流は、1981年、デザイン界に衝撃を与えた「メンフィス」(*1)プロジェクトをきっかけに深まりました。モダニズムに息苦しさを感じていた二人は、ソットサスは西欧的イデオロギーを背景に、倉俣は日本的感性をもって、デザインという言語で語り合い、夢を見、美を探求し、友情を育みながら、創造の可能性を探り続けました。表現の異なる二人ですが、ともに、機能性や利便性を超えて、生活に喜びと驚きをもたらすデザインを求めたのです。
会場では、倉俣の1980年代以降の透明感に溢れた希少な作品65点と、ソットサスが最晩年に残したドローイングをもとに、本展にあわせて制作された世界初公開作品「カチナ」(*2)20点を紹介します。
行きすぎた市場主義や物質社会の再考が求められる現在、デザインやものづくりの意味が大きく変わろうとしています。夢と愛に満ちた二人の仕事を通して、限りなく自由で生き生きとした「デザイン」に改めて出会う、新鮮な体験をお楽しみください。

(*1) 戦後の高度経済成長が一息ついた1980年、エットレ・ソットサスを中心に若手デザイナーや建築家によって結成されたデザインプロジェクト。1981年に第1回「メンフィス」展を開催、センセーションを呼び、その後80年代の建築・デザインに多大な影響を及ぼす。
(*2) 「カチナ」はネイティブアメリカンが信仰する超自然的な存在で、カチナドールはそれらをかたどったもの。人々の想像力を駆り立てるこの人形は、近年ではアートとして評価されており、ジョージ・ネルソン、エットレ・ソットサス、猪熊弦一郎など、 「カチナ」にインスパイアされた作家は多い。



展覧会名:
企画展 「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展
会期:
2011年2月2日(水) - 7月18日(月・祝)*会期延長
時間:
11:00 - 20:00(入場は19:30まで)
休館日:
火曜日(5月3日は開館)
入場料:
一般¥1,000、大学生¥800、中高生¥500 小学生以下無料
(15名以上は各料金から¥200割引、いずれも消費税込み)

4月27日 - 7月18日の特別入場料:
一般¥1,000、大学生¥500、高校生以下無料
*特別入場料には各種割引は適用されません。

会場:
21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 tel. 03-3475-2121
アクセス:
都営地下鉄大江戸線・東京メトロ日比谷線 六本木駅、千代田線 乃木坂駅より徒歩5分
企画:
三宅一生
展覧会ディレクション:
関 康子
企画協力:
倉俣美恵子、バルバラ・ラディーチェ・ソットサス
石丸隆夫、三保谷友彦、藤塚光政
会場構成:
近藤康夫、五十嵐久枝
グラフィックデザイン:
八木 保
主催:
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援:
文化庁、経済産業省、港区、財団法人 日本産業デザイン振興会、
社団法人 日本建築学会、社団法人 日本商環境設計家協会、
社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会、
社団法人 日本建築家協会、社団法人 日本インテリアデザイナー協会
特別協賛:
三井不動産株式会社
協賛:
コクヨ株式会社、コクヨファニチャー株式会社 、トステム株式会社
協力:
キヤノンマーケティングジャパン株式会社、株式会社イシマル、
株式会社クラマタデザイン事務所、マックスレイ株式会社、
株式会社三保谷硝子店、スタジオ・エットレ・ソットサス、
トキ・コーポレーション株式会社、ヤマハ株式会社
Page Top