Loading...

mainImg

mainimg

contents

ギャラリー3の活用にご興味のある企業・団体のみなさまへ

2017年3月、21_21 DESIGN SIGHTは開館10周年を機に、従来の展示室であるギャラリー1、ギャラリー2に加えて、ギャラリー3を開設しました。

ギャラリー3は、国内外の企業をはじめ、教育・研究・文化機関との連携プログラムを展開する、デザインのプレゼンテーション・スペースです。ここでは、さまざまな視点と21_21 DESIGN SIGHTが出会うことによって生まれる新たな取り組みや、多様な関係のさらなる広がりを大切にしています。21_21 DESIGN SIGHTが開館以来培ってきた展示の技術やネットワークを、企業や各機関のプレゼンテーションに活かしていただくこともできます。

デザインのまさに「今」を伝える意義あるプロジェクトの発信拠点として、デザインの可能性を考え、積極的に提案していくギャラリー3。 幅広い方々とプロジェクトを実現させながら、21_21 DESIGN SIGHTではこれからも、社会と生活に密接な「デザインの視点」を探っていきます。

建築とギャラリー空間

建築設計は安藤忠雄。一枚の鉄板を折り曲げたような屋根は、三宅一生の服づくりのコンセプトである「一枚の布」に着想を得ています。東京ミッドタウンのガーデンに位置し、ギャラリー前には緑の芝生が広がります。

>> ギャラリー3利用案内 詳細(PDF)

活用事例

ギャラリー3の開設以来、企業の最新プロジェクトの紹介や、教育機関や文化機関による国際的な交流プログラムを行っています。

>> ギャラリー3活用事例 詳細(PDF)

お問い合わせ

ギャラリー3の活用にご興味のある企業・団体の方、より詳しい情報をご希望の方は、下記フォームにてお問い合わせください。

携帯電話からのアクセスではフォームが表示されない場合がございます。
お手数ですが、21_21 DESIGN SIGHT(03-3475-2121)までお問い合わせください。