Loading...

contents

開催中のプログラム

TUKU IHO<br>受け継がれるレガシー

TUKU IHO
受け継がれるレガシー

2019年8月 1日 (木) - 2019年8月31日 (土)

ニュージーランド・マオリ芸術工芸学校が主催する「TUKU IHO 受け継がれるレガシー」展では、同校の教員や学生が制作した石材、骨、ポウナム(グリーンストーン)の彫刻や木材彫刻、織物、青銅細工など50点以上のマオリの芸術作品を展示し、彫刻の実演やカパ・ハカのパフォーマンスも披露します。本展は、人種や文化の異なる世界中の人々にマオリ文化を共有することを目的にしています。

主催:ニュージーランド・マオリ芸術工芸学校

これからのプログラム

野菜とデザイン

野菜とデザイン

2019年9月12日 (木) - 2019年9月23日 (月)

人がまだ気づいていない野菜のぜんぶについて、野菜が持っている機能美から栄養、おいしさまでデザインの視点で切り取った、「ZENB」の世界が体験できる展示を行います。「ZENB」は、ミツカンが人と社会と地球の健康を考え立ち上げた新ブランドです。野菜を、普段食べずに捨てている部分まで可能な限りまるごといただく、ZENB商品の試食を行うとともに商品の販売も行います。

主催:株式会社Mizkan Holdings、株式会社ZENB JAPAN

これまでのプログラム

  • POP-UP SHOP ウサギノネドコ @ 21_21
  • HAV<ハウ>  by Royal Copenhagen<br>海と塩のインスタレーション
  • クリヨウジのクレージーハウス
  • バスター・キートン特別上映&公演
  • POP-UP SHOP 福永紙工 × 21_21
  • ワイス・ワイス 職人がつくる百年ソファ [ SPRING ]
  • フレンチ・デザイン展「NO TASTE FOR BAD TASTE スタルク、ブルレック・・・」
  • 民藝運動フィルムアーカイブ 特別上映イベント
  • 「OBI KONBU」展 <br>MIYAKE DESIGN STUDIO 新作シリーズ①
  • 民具 MINGU展
  • 「AXIS THE COVER STORIES」21_21で語ろう、未来とデザイン
  • 新・ケータイ INFOBAR 展
  • SONIA RYKIEL GENEROUS SWEATERS
  • WAKU WORK ―津森千里の仕事展―
  • PUSH/PLAY 『AUDIO ARCHITECTURE』のフレーズを色々な音で弾いてみる。
  • ダイソン、技術と素材の追求
  • ヒロシマ・アピールズ展
  • TRAVELS TRAVEL(LER)
  • HAY 5 DAYS LIMITED STORE
  • 「Khadi インドの明日をつむぐ - Homage to Martand Singh -」展
  • 「thinking tools. プロセスとしてのデザイン―モダンデザインのペンの誕生」
  • YUIMA NAKAZATO Exhibition - HARMONIZE -
  • 「FIN/100」
  • 交流プログラム「Discovery in Process」
  • ロエベ「インターナショナル クラフト プライズ」
  • 「吉岡徳仁 光とガラス」
  • 「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」
  • 企業プログラム「ストレッチ!展 - TOREX Primeflex -」
  • 交流プログラム「ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3」
  • イベントシリーズ「オープンカンバセーション」
もっと見る

ギャラリー3とは

「21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3」は、ものづくりの大きな拠点の一つである国内外の企業をはじめ、教育・研究・文化機関との連携プログラムを展開する、 デザインのプレゼンテーションスペースです。ここでは、デザインのまさに今を知るプログラムを通して、私たちの生活や未来をより多くの人と考え、提案します。
ギャラリー3を拠点に広がっていく関係性により、21_21 DESIGN SIGHTはこれからも多角的な「デザインの視点」を探っていきます。

ギャラリー3ご利用希望の方へ