Loading...

contents

ギャラリー3 開館情報

2018年1月4日- 2月12日の間、ギャラリー3は、21_21 DESIGN SIGHTのこれまでとこれからの活動を紹介する映像や資料に触れていただけるオープン・スペースとなります。また、会場の一部ではクリエイターの展示やイベントを不定期で開催します。

クリエイター展示 田島征三
1月17日(水)- 2月12日(月・祝)

ギャラリー1&2で2月4日まで開催中の企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」にも参加している絵本作家、美術家の田島征三の原画やアートワークを展示します。また、田島のアートワークからインスピレーションを得ながら子どもも楽しめるドローイングスペースを設置します。1月17日は、作品設置の様子をご覧いただけます。

期間
2018年1月4日(木)- 2月12日(月・祝)
*クリエイター展示 田島征三:1月17日(水)- 2月12日(月・祝) 
休館日
火曜日
*2017年12月26日- 2018年1月3日は、21_21 DESIGN SIGHT全館休館
開館時間
10:00-19:00

これからのプログラム

「thinking tools. プロセスとしてのデザイン―モダンデザインのペンの誕生」

「thinking tools. プロセスとしてのデザイン―モダンデザインのペンの誕生」

2018年3月 3日 (土) - 2018年4月 8日 (日)

バウハウスデザインのドイツのペンブランド、LAMYによるペンのデザインの過程に焦点を当てた展示を行います。LAMYを代表する様々なペンのプロトタイプや製品開発の現場のワンシーンの展示に加え、世界に名を馳せるイラストレーター、クリストフ・ニーマンが本展のために手掛けたドローイングとインスタレーションで機能美のデザインの本質に迫ります。2016年のドイツ・フランクフルトの応用工芸博物館を皮切りとした本展は、LAMYデザイン50周年を記念した世界巡回展です。
*火曜休館

主催:LAMY、DKSHジャパン株式会社
お問い合わせ:DKSHジャパン カスタマーサービス
03-5441-4515(土日祝日を除く10:00-17:00)
ウェブサイト:http://www.lamy.jp/thinkingtools.html

これまでのプログラム

  • 「FIN/100」
  • 交流プログラム「Discovery in Process」
  • ロエベ「インターナショナル クラフト プライズ」
  • 「吉岡徳仁 光とガラス」
  • 「安藤忠雄 21_21の現場 悪戦苦闘」
  • 企業プログラム「ストレッチ!展 - TOREX Primeflex -」
  • 交流プログラム「ECAL×TAMABI in 21_21 DESIGN SIGHT Gallery 3」
  • イベントシリーズ「オープンカンバセーション」
もっと見る

ギャラリー3とは

「21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3」は、ものづくりの大きな拠点の一つである国内外の企業をはじめ、教育・研究・文化機関との連携プログラムを展開する、 デザインのプレゼンテーションスペースです。ここでは、デザインのまさに今を知るプログラムを通して、私たちの生活や未来をより多くの人と考え、提案します。
ギャラリー3を拠点に広がっていく関係性により、21_21 DESIGN SIGHTはこれからも多角的な「デザインの視点」を探っていきます。

ギャラリー3の活用にご興味のある企業・団体の方は、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
Tel. 03-3475-2123
E-mail. info@2121designsight.jp