Loading...

mainImg

企画展「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」

contents

ウィリアム・クラインスタジオによるトーク

ご予約はこちら
<受付中>

ウィリアム・クラインスタジオから、スタジオ・マネージャーのピエール=ルイ・ドニと広報のティファニー・パスカルによるトークを開催します。

本展の出発点となったウィリアム・クラインは、20世紀から21世紀にかけて世界の都市を捉え続けてきました。長年、クラインの作品を管理し、ともに制作や展示を行ってきたドニとパスカルが、ウィリアム・クラインの制作への情熱、東京に対しての思いなどを、数ある代表作を通して語ります。

本展のためにクラインとともに来日した両者を迎える、貴重な機会です。また、トーク終了から閉館までの時間には、ウィリアム・クラインが在廊の予定です。ふるってご参加ください。

Gun 1, New York 1955 (painted contact 2000)
日時
2018年2月23日(金)17:00-18:30
場所
21_21 DESIGN SIGHT
出演
ピエール=ルイ・ドニ、ティファニー・パスカル
言語
フランス語(逐次通訳あり)
参加費
無料(ただし、当日の入場券が必要です)
予約
2月8日(木)13:00より本ページにて受付開始、定員に達し次第終了
定員
80名