Loading...

mainImg

企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」
開催概要

contents

開催概要

ディレクターズ・メッセージ

人間みんなが同じ世界に生き、同じような体験をして、夜見る夢も同じようになっていく現代に、まだ管理され尽くしていない、まだ飼いならされていない心の領域が、どこかに生き残っている。私たちはそれを「野生の領域」と呼ぶことにした。

この「野生の領域」に触れることができなければ、どんな分野でも新しい発見や創造は不可能だ。

どうやったら、私たちは心の中の「野生の領域」に触れることができるか、どうしたらそこへの通路を開くことができるか。生活と仕事の中でこの「野生の領域」への通路を開く鍵を発見することが、「野生展」のテーマである。

中沢新一

会期
2017年10月20日(金)- 2018年2月4日(日)
会場
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1、2
休館日
火曜日、年末年始(12月26日 - 1月3日)
開館時間
10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
入場料
一般1,100円、大学生800円、高校生 500円、中学生以下無料
15名以上は各料金から200円引き
国立新美術館「安藤忠雄展―挑戦―」(会期:2017年9月27日 - 12月18日)の展覧会チケット(半券可)のご提示で、通常の入場料が100円相互割引(他の割引との併用不可。1枚につき1名、1回のみ)
主催
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
展覧会ディレクター
中沢新一
企画協力
山田泰巨
制作協力
川上典李子
会場構成協力
teco(金野千恵、アリソン理恵)
展覧会グラフィック
井上嗣也

展覧会ディレクター

中沢新一 Shinichi Nakazawa

1950年、山梨県生まれ。思想家・人類学者。現在、明治大学野生の科学研究所所長。東京大学大学院人文科学研究科博士過程満期退学。チベットで仏教を学び、帰国後、人類の思考全域を視野にいれた研究分野(精神の考古学)を構想・開拓する。著書に『チベットのモーツァルト』、『森のバロック』、『フィロソフィア・ヤポニカ』、『アースダイバー』、『カイエ・ソバージュ』シリーズ、『芸術人類学』、『野生の科学』、『大阪アースダイバー』ほか多数。近著に『熊楠の星の時間』『俳句の海に潜る』がある。これまでの研究業績が評価され、2016年5月に第26回南方熊楠賞(人文の部)を受賞した。