Loading...

mainImg

mainimg

contents

ディレクターズ

21_21 DESIGN SIGHTでは三宅一生、佐藤 卓、深澤直人の3名がディレクターを、川上典李子がアソシエイトディレクターを務めています。この4人が中心となり、21_21 DESIGN SIGHTの活動や、展覧会のテーマと内容について常に検討を行います。

Photo : Yoshiaki Tsutsui

三宅一生

デザイナー
1970年三宅デザイン事務所設立。"一枚の布"を基本理念に活動し、'93年「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」スタート。'98年に藤原 大と「A-POC(A Piece Of Cloth)」を開発。現在はReality Lab.とともにリサーチを続け、2010年に「132 5. ISSEY MIYAKE」、「陰翳IN-EI ISSEY MIYAKE」を発表した。

佐藤 卓

グラフィックデザイナー
1981年東京藝術大学大学院修了、'84年佐藤卓デザイン事務所設立。「ロッテキシリトールガム」「明治おいしい牛乳」のパッケージデザイン、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」のグラフィックデザイン、金沢21世紀美術館や国立科学博物館のシンボルマークなどを手がける。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のアートディレクター、「デザインあ」総合指導も担当。

深澤直人

プロダクトデザイナー
1980年多摩美術大学卒業。IDEO(サンフランシスコ、東京)を経て2003年NAOTO FUKASAWA DESIGN設立。世界を代表するブランドや国内外の企業のデザイン、コンサルティングを多数手がける。多摩美術大学 統合デザイン学科 教授。'12年より日本民藝館五代目館長。

川上典李子

ジャーナリスト
デザイン誌『AXIS』編集部を経て1994年よりフリーランスのジャーナリストとして活動。'94〜'96年、ドムスアカデミー リサーチセンターの日伊プロジェクトにエディトリアルディレクターとして参加。主な著書に『リアライジング・デザイン』(TOTO出版)、編書に『天童木工』(美術出版社)等。「London Design Biennale 2016」キュレトリアル・アドバイザー。